シミウスはひとつで10役

シミウス・オールインワンジェル「ホワイトニングリフトケアジェル」の特長をおさらいしましょう

早い人で20代から気になり始めるシミ。何もケアしなければ、この先増えることはあっても減ることはないシミ。厄介ですね。

ケアをするって言っても、お金も時間も手間もかけられない。続けられないと意味がありません。

そんな悩みを抱える女性たちの間で話題になっているのが、シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」なのです。

ひとつで10役は本当?

シミウスのホワイトニングリフトケアジェルは、これだけでパック、クリーム、マッサージ、美容液、保湿、アイクリーム、乳液、化粧水、美白、化粧下地と10役の機能をこなしてくれます。

まさにオールインワンジェルなのですが、市販でもこういった触れ込みのオールインワンジェルはよく見かけますが、実はシミウスのホワイトニングリフトケアジェルには他のオールインワンとは圧倒的に違う機能が備わっています。

それは、本来お肌に大敵な摩擦を引き起こしかねないマッサージを安心してできるような摩擦を軽減する独自仕様で作られている、ということです。
(詳しくは下まで読んでくださいね!)

そして、この独自仕様は摩擦を軽減するだけでなく、美肌成分をコーティングで包み込んで、肌に浸透しやすいような作りになっているわけです。

まあ普通に考えて10役を全部が全部しっかりこなせる、というわけではないと思いますし、美肌成分の配合バランスも、他のオールインワンジェルと比較して飛び抜けて何かが違う、というわけではないんですね。極端な言い方をしてしまえば、塗るだけならどれでも一緒、かもしれません。

しかしながら、シミウスはマッサージでジェルを揉み込んで肌に親和させることで各種成分はお肌に浸透しやすくなる、というわけなんです。

つまりシミウスは、非常に効率のいいスキンケアアイテム、ということができるわけです。

実はシミウスには、保湿機能の軽さ重さ別で4つのタイプが買えるのですが、このサイトで取り上げているシミウスのノーマルタイムで特化されているのは美白機能です。

ホワイトニングリフトケアジェルの美白効果はメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。
決して、シミがどんどん消えていく…というそんな魔法のような効果はありませんが、正しく使用すれば、つまりマッサージとセットで使えば、少なくとも美白成分の浸透具合には大きな違いが期待できると思います。

逆に正しく使用しないとホワイトニングリフトケアジェルの効果を十分に実感できないというもったいないことになるかもしれません。

詳細はシミウスの公式販売ページで確認ください(下記で紹介)。

 

シミウスの特長は、マッサージジェルと美白成分ジェルの2層からなるダブルクリスタル製法

ホワイトニングリフトケアジェルは特殊開発された、独自の浸透技術「ダブルクリスタル製法」が用いられています。

わかりやすく言えば、マッサージ用のジェルが美白有効成分を含んだジェルを包みこむように2層構造になっています。

従来のマッサージジェルやクリームと言えば、マッサージしているうちに乾燥して伸びが悪くなったり、洗い流したりと面倒なのですが、ホワイトニングリフトケアジェルのテクスチャはマッサージに適した硬さで、弾力性もあり、揮発しにくく、肌によく馴染むので、ベタつくことなく洗い流す必要もないのです。

ただ塗るだけでも潤い効果を実感する人もいるようですが、マッサージをすることで肌の代謝を促し、美白成分の浸透力をアップさせ、より有効成分の効果を得ることができるのです。

 

オールインワンは苦手?ならば、むしろ“使い方次第”のシミウスをおすすめします!

オールインワンが苦手!という人はたしかにいますね。

その理由としては、保湿力が弱くなりがち、乾燥対策としては弱い、ということではないでしょうか。

でもシミウスの場合は、ちょっと違う観点から評価すべきスキンケアアイテムなんじゃないか?、“使い方次第”なんじゃないか?と勝手に考えています。

一般的にオールインワンにはいろんな機能や成分が盛り込まれて、その中には保湿成分も少なからず含まれていますね。

そしてオールインワンは、そもそもどちらかといえば手抜きスキンケア用(笑)のアイテムです。

やはり忙しい人向けに作られているので時短ケアとしてベタつきは抑えられてどちらかといえばテクスチャも含めてサラッと仕様になっているので、ここで保湿に弱い、だからオールインワンは苦手!という人が出てくるのではないか、だと思っています。

しかしながら・・・

シミウスというアイテムへの本質的な捉え方としては

美肌・美白・保湿成分が配合されているマッサージ剤

という方にとらえたほうがよいのでは、と勝手に思っています。

ネーミングが“シミウス”なのですが、シミが消せるとか美白になれるとか、そういった方向だけにとらわれるのも「それはちょっと違うんじゃないか?それだけじゃない」と思うわけです。

上でシミウスの独自の浸透技術「ダブルクリスタル製法」について解説しています。

これはシミウスのマッサージ時の摩擦を抑える役割を担うとともに、マッサージするというお肌への物理的な刺激と、この独自技術でパッケージ化された配合成分をより浸透しやすくさせる、という効果もあるわけです。

チャチャっと塗って、はい終わり、ではオールインワンであろうがどんな効果的な成分が配合されていたとしても同じでしょう。

でも、シミウスの場合は“肌トラブルを心配せずにしっかりマッサージできる”という稀な使い方ができるので、肌の内側の循環の滞りやコリはほぐされ、外側からもジェルの美肌成分が効率的に浸透できる環境ができるわけですね。

シミウスを「オールインワン 苦手!」という見方で見てしまうともったいない、というのはこのことなんです。

たぶんシミウスの評価は、単純に「シミが薄くなる?消せる?」ということよりも、しっかりマッサージできる美容液ということで伝われば、利用者の評価ももっと高くなるような気がしますよ。
(あくまで個人的な見解ですが)

※逆にマッサージ嫌いの人にはシミウスはおすすめしないかも。私なんかは夏場でもよく顔がコリコリになって冷えてしまっているので、とても気持ちよく使わせてもらってます。といってもマッサージは毎日毎朝晩なんてできませんよね、だから、明日休みだ~みたいな日の前日にしっかり、という感じですね。

※メーカーさん自身が、美白!という切り口をメインで広告しています・・・w
まあこのほうが売りやすいんだと思いますがw

※このサイトで紹介しているシミウスのオールインワンジェル。実はシミウスのオールインワンジェルには保湿のグレードで4段階あって、このページで紹介しているのは軽い方から2番めのノーマルタイプなんです。したがって、このノーマルタイプのシミウスはどちらかと言うとシミが気になる夏場や秋の入りの時期に適していていると言えますので、保湿を期待して入ってしまうと、そこはちょっと違うかと。
冬場や保湿力希望の人には重めの2タイプがあり、それを使うべきかと思いますが、ますがどちらも美白成分の配合率は抑えられてしまうのと、下記で解説するような定期購入のキャンペーンメリットをもらえるのはこのサイトで扱っているノーマルタイプのみなんです。
ですので、まずはここのノーマルで試してみて、その後に季節や保湿ニーズに合わせてグレードを変えてみるとった使い方が良いと思います。

シミウスの詳細については、メーカー公式販売ページで確認してください。

 

シミウスのオールインワンジェル「ホワイトニングリフトケアジェル」の効果を最大限に引き出す使い方

シミウスは、マッサージ料として使うことをおすすめします。

シミウス独自の浸透技術「ダブルクリスタル製法」はマッサージの際の摩擦を抑えるとともに、各種成分を包みこんで肌に浸透しやすく工夫されています。

ここが他にはないシミウスの最大の特徴と言えます。

マッサージによって顔のお肌が刺激されるのと、お肌の内側の巡りが良くなることで、結果的に美白や美肌のための成分が浸透し働きやすくなる、というわけですね。

 

マッサージの仕方は?簡単で効果的な方法はある?

メビウス製薬ではホワイトニングリフトケアジェルで1日3分のマッサージを推奨しています。

長い時間マッサージをすればいいというものでもありません。摩擦は肌の大敵です。マッサージのしすぎは逆に肌へダメージを与えてしまうことも頭に入れておきましょう。

公式サイトからシミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」を購入すると「お手入れガイド」が付いてきます。

マッサージの仕方の分かりやすい公式動画を紹介します。(YouTubeより)

あるエステティシャンの方はマッサージの前に「首のストレッチ」を勧めています。ホワイトニングリフトケアジェルのお手入れガイドにはない工程ですが、よりリンパの流れがよくなり、小顔効果も期待できるそうです。プロならではのアドバイスですね。
試してみる価値はありそうです。

それから、テクスチャを塗る前に手のひらで少し温めると、伸びもよく、より肌に馴染みやすくなります。

 

シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」はいつ使えばいいの? 効果を最大限に活かすタイミングは?

洗顔後、すぐに使用することをお勧めします。

肌をまっさらな状態にして、ホワイトニングリフトケアジェルの有効成分を肌にしっかり浸透させる為です。

朝と夜に洗顔をする人が大多数だと思います。ホワイトニングリフトケアジェルの効果を最大限に取り入れるタイミングは朝と夜の洗顔後。1日2回です。

特に夜はお風呂上がりの血行がいい時、毛穴が開いている時がチャンスです。少し丁寧にお手入れすることで効果はグンとアップします。

ホワイトニングリフトケアジェルを塗る順番は?

順番は特にありませんが、顔の下部から上部に持ち上げるように、流すようなイメージで塗ります。そして、特に目の周り、口の周りなど、デリケートな部分を丁寧にマッサージします。ここで決して力を入れてはいけません。優しく肌を労るように、そして、有効成分が肌に染み込んでいくのをイメージしながら。実はイメージすることはとても大切なことなのです。

ホワイトニングリフトケアジェルの使用量は?

基本は1回に大きめのパール1粒分。専用スパチュラ1~2杯です。
皮脂が多めの人は量を少し減らします。冬など、乾燥が気になる時は多めに。
肌の状態は人それぞれです。自分の肌の状態にあった量を探っていきましょう。

マッサージ後のベタつきが気になる人は最後にティッシュなどで軽く抑えで、余分なジェルを取り除くといいでしょう。

「ホワイトニングリフトケアジェル1つでは1ヶ月持たない!」という口コミをたまに目にすることがありますが、お手入れガイドには使用量もわかりやすく原寸大の写真が載っています。この容量を守れば、ホワイトニングリフトケアジェル1つで1ヶ月は十分に持ちます。

多く使えばより効果が得られるというものではありません。
きっちり正しく使うことが美肌への近道です。

朝(忙しい時)と夜(時間に余裕がある時)で使い方を変えてもいい?

むしろ変えた方がいいでしょう。
1日に3分のマッサージでいいのですから、お手入れガイドにもあるように、朝の忙しい時間は1分間、夜はしっかり倍の時間をかけてマッサージします。

他メーカーの化粧水や乳液と併用してもいい?

メビウス製薬の公式サイトでは併用は問題ない旨記載されていますが、個人的には他メーカーの化粧水や乳液との併用はお勧めしません。
なぜなら、成分の相性が悪かったり、化粧水や乳液の油分で、ホワイトニングリフトケアジェルの効果を十分に発揮できない可能性があるからです。

モロモロ、ポロポロが出る原因は何?使い方で注意することは?

ホワイトニングリフトケアジェルを使うと、モロモロやポロポロのカスのようなものが出るという人がいます。
このモロモロポロポロの正体は肌に浸透しきれなかったホワイトニングリフトケアジェルの有効成分なのです。(自身の垢ではありません)

使用量が多過ぎる、マッサージで擦りすぎる、ジェルが乾かない内にファンデーションを塗ってしまう。などが原因でこのような現象が稀に起こってしまうようです。

モロモロポロポロを出さないようにするには、まず使用量を守ることです。大量に使ったからと言って、効果が早く出ることはありません。

何度も言いますが、マッサージ時間は長くてもダメ。肌をいたわるように、優しく、擦りすぎないようにします。やり過ぎは肌の老化も加速させます。

そして、ホワイトニングリフトケアジェルを塗ったら、乾くまでしばらく時間を置いて、しっかり浸透させてから、ファンデーションを塗ることです。

これらを守ればモロモロポロポロ問題は解決です。

シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」の効果はどれくらいで実感できる?ずっと使い続けるべき?

まず知っておきたいのが、肌のターンオーバーこと。肌の生まれ変わりのサイクルのことです。
20代では28日周期。年齢が増すに連れ、ターンオーバーの周期は長くなります。30代では40日以上、40代では50日以上かかると言われています。

肌の生まれ変わりに1ヶ月~3ヶ月かかるのですから、ホワイトニングリフトケアジェルを使い始めて、1~2週間で効果を実感することはできません。

潤いを感じたり、化粧のりが良くなったなど表面上の効果は実感できるかもしれませんが、肝心の美白効果は最低でも1ヶ月以上、40代以上なら、3ヶ月は使って結果を見るべきです。

ホワイトニングリフトケアジェル愛用者の声を見てみると、ホクロやソバカスなど、生まれつきのものが消えることはないのですが、
肌全体のトーンが明るくなって、シミが目立たなくなったのを実感していて、3年以上使い続けている人もいます。

私達の肌は季節に関係なく、1年中紫外線に晒されています。綺麗な肌を保つにはメラニン色素の生成を抑制することはこの先もずっと必要なことです。

ひとつで10役、それでいてリーズナブルなシミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」をこつこつ続けて、年齢に負けない肌を目指しましょう。

まとめ:シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」効果を最大限引き出す正しい使い方

マッサージしながら塗ることが、ホワイトニングリフトケアジェルの効果を最大限に引き出すポイントです。

タイミングは朝・夜の洗顔後。夜の風呂上がりは血行もよく、毛穴も開いて、美白有効成分がより浸透するチャンスです。
マッサージ時間は1日3分でOK。長時間のマッサージはかえって逆効果になります。また、擦りすぎにも注意します。

使用量は、少なすぎても、多すぎてもダメ。メイクはジェルがしっかり浸透し、乾いたことを確認してからにします。(モロモロ・ポロポロを出さない)
使用量の基本を守り、少しずつ自分の肌にあった量に調整していきましょう。

「マッサージしながら美白」を念頭に、肌のターンオーバーを考えて、最低1~3ヶ月は使い続けます。